プロパーカードと提携カードの違いについて

 

クレジットカードには、
プロパーカード提携カードというものが存在する。

 

クレジットカードのことに関して、
詳しく調べていると、
プロパーカードという言葉や、
提携カードという言葉を耳にしたり目にする機会もあるように思う。

 

ハッキリ言ってこのことは、
普通にクレジットカードを使う分には知らなくても全く問題は無いが、
せっかくなので、
プロパーカードと提携カードについて
話をしていこうと思う。

 

プロパーカードとは

 

プロパーカードとは
国際ブランドが発行しているクレジットカードのことである。

 

国際ブランドとは、
VISA、
マスターカード、
JCB、
ダイナース、
アメリカンエクスプレス、
などのことであるが、
この国際ブランドが直接発行しているクレジットカードを
プロパーカードと呼ぶ

 

実際は、
VISA、
マスターカードはクレジットカードを自社発行していないので、
(VISA,マスターカードには提携カードしか存在しない。)
JCB,
ダイナース、
アメリカンエクスプレスのみが、
プロパーカードを発行していることになる。

 

プロパーカードの特徴

 

プロパーカードの特徴としては、
提携カードと比較して、
クレジットカードの審査が厳しめなところだ。

 

また、
提携カードと比較して
ステータス性が高めなところも、
プロパーカードの特徴だろう。

 

提携カードとは

 

提携カードとは、
プロパーカードとは逆に、
国際ブランドがカードを発行しているのでは無いカードのことである。

 

実際私たちが利用するクレジットカードは、
ほとんどがプロパーカードなのだけど、
プロパーカードは実に豊富な種類のカードが存在する。

提携カードの特徴

 

提携カードの特徴としては、
プロパーカードと比較して、
審査が柔軟な点である。

 

逆にプロパーカードと比較して
クレジットカードそのものの、
ステータス性は落ちることが多い。

 

また、
提携カードは、
サービスや商品を購入してもらうことが目的になっているので、
私たちユーザーにとっては、
メリットが大きいことが多い。
(例えば自社商品を購入してもらうことにより、
ポイント還元率を高くするなどである。)

 

終わりに

 

プロパーカードにも、
提携カードにも、
それぞれメリットとデメリットが存在する。

 

それぞれのメリット・デメリットを理解した上で、
プロパーカードを利用するか、
提携カードを利用するかを決めるのがいいだろう。