クレジットカードの審査に落ちる5つの理由

 

クレジットカードには審査というものが存在し、
誰でも簡単にクレジットカードを持てるものでは無い。

※とはいうものの、
クレジットカードの審査自体はカードにもよりますが、
そこまで難しいものではありません。

 

あなたもクレジットカードを作ろうと思った時に、
審査に落ちたこともあるかもしれない。
(私も過去に、
何度かクレジットカードの審査に落ちている。)

 

そこで今回は、
クレジットカードの審査に落ちる理由について、
話をしていこうと思う。

 

クレジットカードヒストリーが全くない

 

まず初めに、
クレジットカードヒストリーが全くないこと

 

クレジットカードヒストリーが、
全く無い人は、
クレジットカードの審査に通過する可能性が低くなる。

 

また、
クレジットカードヒストリーが悪いと、
審査に落ちる可能性も高くなる。

 

あなたに返済能力が明らかに無い

 

次に、
あなたに返済能力が明らかに無いこと

 

あなたに、
クレジットカードの返済能力が無いと、
審査に落ちる可能性も高くなる。

 

返済能力が無いとは具体的には、
定職についていない、
ということであるが、
つまりあなたが無職だった場合
クレジットカードの審査に落ちる可能性はかなり高くなるだろう。

 

※あなたが無職であっても、
クレジットカードヒストリーがよかったり、
配偶者がいたり、
親と同居している場合などは、
審査に通過する可能性は高くなります。

 

明らかにわかるウソをついている

 

そして、
明らかにわかるウソをついていること

 

明らかにウソをついていれば、
それだけでカード会社の心証が悪くなり審査に落ちる可能性が高くなる。

 

クレジットカードに申し込む際は、
すぐにバれるような、
ウソは絶対につかないようにしよう。

 

※すぐにバれるウソとは、
例えば年収が200万円しかないのに、
年収が500万円であると虚偽申告するようなものです。
虚偽申告はクレジットカード会社の心証を非常に悪くするので、
絶対にやめましょう。

 

過去に延滞をしているなどのブラックな情報がある

 

次に、
過去に延滞をしているなどのブラックな情報があること

 

これもクレジットカードヒストリーに関することなのだけど、
過去に支払いを延滞しているなどのブラックな情報があると、
カードの審査には通過しにくくなる。

 

審査に通るのが難しいクレジットカードを申し込んでいる

 

最後に、
審査に通るのが難しいクレジットカードを申し込んでいること

 

クレジットカードには、
審査に通過しやすいカードと通過しにくいカードが存在し、
審査に通過しにくいカードに申し込んでいると、
必然的に審査に落ちやすくなるだろう。

 

審査に受かりやすいクレジットカードの6つの特徴

 

終わりに

 

以上が、
クレジットカードの審査に落ちる理由である。

 

クレジットカードの審査に落ちる理由を知って、
すぐにどうにか出来るわけでは無いと思うが、
あなたに心当たりがあったのであれば、
改善できるのであれば、
改善すれば、
少しはクレジットカードの審査に通過する可能性は高くなるだろう。