クレジットカードを持つことの3つのメリット

 

今までクレジットカードを所有したことが無い人だと、
クレジットカードを持つことのメリットやデメリットなどが、
わかりにくいことがあるように思う。

 

個人的には、
クレジットカードはデメリットよりも、
メリットの方が圧倒的にあると思っているのだけど、
せっかくなのでクレジットカードを持つことのメリットについて
話をしていこうと思う。

 

お金を持ち歩く必要が無くなる

 

まず初めに、
お金を持ち歩く必要が無くなること

 

個人的には、
クレジットカードを持つことの最大のメリットは、
このお金を持ち歩く必要が無くなることだと思っている。

 

クレジットカードを所有することによって、
外出する際に、
余計なお金を持ち歩く必要が無くなる。

 

またお店で高額な買い物をする際などにも、
クレジットカードがあれば非常に便利だろう。

 

逆に、
お金を持ち歩く習慣が無くなるので、
クレジットカードが使えないお店などでは困ったりすることがあるのだけど、
(クレジットカード支払いに対応していない飲食店、
駅などで切符を購入する際など。
切符はクレジットカード払いには対応していない。)
それでも余計なお金を持ち歩く必要がなくなるということは、
盗難などのトラブルの予防になり、
クレジットカードを所有することの大きなメリットのように思う。
(ちなみに私の財布には、
普段1000円くらいのお金しか入っていない・・・)

 

※クレジットカードの場合、
盗難(紛失)にあったとしても、
盗難保険がついているクレジットカードはほとんどのため、
現金よりも圧倒的にリスクは少ないです。

 

クレジットカードが無ければ利用出来ないサービスを利用することが出来るようになる

 

次に、
クレジットカードが無ければ利用出来ないサービスを利用することが出来るようになること。

 

例えば商品のサービスなどには、
支払いはクレジットカードだけしか対応していないものもあるように思うが、
そのようなサービスであっても、
クレジットカードを所有していれば、
そのようなサービスを利用することが可能となる。

 

ポイントが溜まる(お金になる)

 

最後に、
ポイントが溜まる(お金になる)こと

 

現金払いでは、
基本的にそれだけで何か付加サービスがつくことは無いが、
クレジットカードの場合、
ただそのクレジットカードで買い物をするだけで、
ポイントが溜まっていく。

 

現金払いするよりも、
クレジットカード払いの方が金銭的にも得をすることも、
クレジットカードが持つメリットのうちの一つだろう。

 

終わりに

 

確かに、
クレジットカードにはデメリットも存在するが、
デメリット以上に個人的にはクレジットカードにはメリットも大きいように思う。

 

私はもうクレジットカード無しでの生活は考えられないので、
クレジットカードが気になっていたり、
少しでもクレジットカードを所有したいと思っているのであれば、
クレジットカードを所有することは非常におすすめである。