クレジットカードを持つことの3つのデメリット

 

以前の記事では、
クレジットカードを持つことのメリットについて、
話をした。

 

メリットがあるということは、
当然デメリットも存在するということであるが、
今回は逆にクレジットカードを持つことのデメリットについて
話をしていこうと思う。

 

管理がめんどくさい

 

まず初めに、
管理がめんどくさいこと。

 

クレジットカードは、
1枚しか所有しないのであれば、
そこまでめんどうでは無いが、
2枚、
3枚とそれ以上持つ場合、
管理するのが非常にめんどうになる。

 

また、
クレジットカードを持つことで、
紛失の可能性、
不正利用の可能性など、
クレジットカードを持ってなかった時と比較して、
悩みの種も起きてくる。
(紛失した場合も、
不正された場合も、
保険が適用出来るので金銭的なデメリットは無いが、
時間的なデメリットは存在する。)

 

クレジットカードを管理しなければならないということは、
クレジットカードを所有することの
確実なデメリットのうちの一つだろう。

 

審査に受からなければ持つことが出来ない

 

次に、
審査に受からなければ持つことが出来ないこと。

 

クレジットカードには審査が存在し、
誰しもがクレジットカードを持つことは出来ない。

 

誰でも持てるものでは無く、
クレジットカードの審査に通過しなければならないというのも、
クレジットカードを持つデメリットのうちの一つだろう。

 

※クレジットカードの審査に通過することは、
そこまで難しいことではありませんが、
人によってはクレジットカードの審査に通過しにくい人もいるので、
そういう方達にとってはクレジットカードを持つことの、
ハードルが高く感じる人もいるでしょう。

 

初めて持つ際の不安を乗り越えなければならない

 

最後に、
初めて持つ際の不安を乗り越えなければならないこと

 

クレジットカードを持つ前は不安である。

 

というか、
私は不安だったのだけど、
クレジットカードを使ったことが無い人間にとっては、
クレジットカードは不明瞭な点が多いからである。

 

クレジットカードの審査にしても同様であるが、
クレジットカードを持つ際に不安を払拭しなければならないというのは、
クレジットカードのデメリットの一つだろう。

 

終わりに

 

とはいうものの、
個人的な意見にもなってしまうが、
クレジットカードはデメリットよりも、
メリットの方が大きいと思うので、
もしあなたが少しでもクレジットカードに関心があるのであれば、
クレジットカードは非常におすすめである。

 

クレジットカードを所有すれば、
いかにクレジットカードが便利か、
実感することが出来るだろう。