楽天カードの5つのデメリットについて

 

私は楽天カードを始めて利用してから、
かれこれ5年近くになる。

 

ハッキリ言って、
楽天カードは年会費無料のクレジットカードなので、
年会費無料のクレジットカードで考えるならば、
不満らしい不満は個人的には無いが、
それでも楽天カードにはデメリットも存在することもまた事実である。

 

そこで今回は、
楽天カードのデメリットについて
話をしておこうと思う。

 

ETCカードが有料

 

まず初めに、
ETCカードが有料なこと

 

楽天カードの唯一にして、
最大のデメリットが、
このETCカードが有料なところだろう。

 

楽天カードはETCカードを作成する場合は、
別途500円(税抜き)がかかる。

 

ただし、
楽天カードの利便性を考えれば、
もしETCカードを利用する機会があるのであれば、
別途500円支払っても、
楽天カードでETCカードを所有するのも問題無いように思う。
(ETCカードを利用しても、
高還元率の1%なため。)

 

楽天カードは、
ETCカードが有料な点は、
楽天カードの確実なデメリットだろう。

 

海外保険が利用付帯

 

次に、
海外保険が利用付帯なこと

 

楽天カードは、
海外保険が利用付帯である。

 

自動付帯では無いことも、
楽天カードのデメリットといえば、
デメリットだろう。

 

ただし、
このこともクレジットカードを少しでも利用して、
海外に行けば保険が付帯されるので、
頻繁に海外に行く人以外にとっては、
そこまでデメリットでは無いだろう。

 

ステータス性が低い

 

そして、
ステータス性が低いこと

 

楽天カードのステータス性は、
決して高くはない。

 

クレジットカードにステータス性を求めるのであれば、
楽天カードは確実に向いていないと言えるだろう。

 

デザインがかっこよくはない

 

デザインがかっこよくはないこと

 

デザインに関しては好みがあると思うが、
楽天カードのデザインというのは、
そこまでかっこいいものではない。

 

このこともステータス性と同様であるが、
クレジットカードにデザイン性を求めるのであれば、
楽天カードは確実に向いてはいない。

 

対応が微妙

 

最後に、
対応が微妙なこと。

 

楽天カードの対応というのは、
そこまでいいものではない。

 

ただしこのことも年会費無料のクレジットカードではあるので、
私は個人的には気にならない。

 

また、
どの年会費無料のクレジットカードでも、
楽天カードに限らずそこまで対応はいいものでは無いのが現状である。
(とはいうものの、
確かに楽天カードの対応というのは、
そこまでいいものではないのも事実。)

 

終わりに

 

以上が、
楽天カードの個人的に思うデメリットである。

 

ただし、
記事の冒頭にも話をしたが、
楽天カードは年会費が無料のクレジットカードなので、
年会費無料ということを考慮に入れれば、
私は一切の不満は無い。

 

なので、
特にクレジットカードにこだわりがなく
また初めてクレジットカードを持とうと思っているような人にとっては、
楽天カードはむちゃくちゃおすすめである。