百貨店系のクレジットカードについて

百貨店でよく買い物をする人にとって、
百貨店系のクレジットカードは非常にメリットが大きい

そこで、
せっかくなので、
百貨店などでよく買い物をされる人に向けて
百貨店のクレジットカードについて
話をしていきたいと思う。

百貨店のクレジットカードについて


百貨店(デパート系)のクレジットカードは、
年会費が1000円〜2000円かかるところが多い

百貨店でよく買い物をする人は、
そのポイント還元率の良さから、
百貨店カードを持つのも一つの手段であろう。

私は、百貨店の中では、
大丸と高島屋でよく買い物をするので、
大丸カードと高島屋カードは、
クレジットカードを持っている。

※最近丸井(マルイ)の買い物でお得な、
エポスカードも申込みました。

年会費は多少かかるが、
エポスカードは年会費永年無料
それでも、
百貨店で買物をする量に比べれば、
獲得するポイントの方が、
年会費よりも明らかにお得なので、
百貨店で買い物をするときは、
百貨店クレジットカードを使っている。

百貨店で買い物をする場合、
ポイント還元率が百貨店系カードの場合、
かなりいいので、
メインでは無くサブ的な意味合いで、
百貨店で買い物をする時だけ、
クレジットカードを使うのもいいだろう。

また駐車場無料サービスを行っているところも多く、
よく車を利用する人にとってはさらにお得が大きいだろう。

ちなみにだが、
百貨店の中でも、
高級ブティックと呼ばれるブランド。

そう、ナショナルブランドと呼ばれるブランドには、
基本的にはポイントがつかないことが多いので、
その点は注意が必要だろう。
(カルティエ、ブルガリ、シャネル、エルメス等)

さらに、百貨店でよく買い物をされる方は、
その百貨店のクレジットカードで買い物をすると、
店員に喜ばれることが多い。

この瞬間は結構優越感に浸れるものである(笑)

エポスカード


mitui

エポスカードは、
百貨店クレジットカードの中でも、
年会費永年無料なのが特徴。

年会費が永年無料なので、
丸井(マルイ)で良く買い物をされる方は、
持った方がお得なカードである。

更にネットからの入会特典で、
最大で8000円分のエポスポイントが貰える。

更に発行料が500円だけプラスかかるのだが、
500円支払うと、
74種類のデザインの中から、
デザインカードを選択することが出来る

ちなみに、
丸井の女性店員と話した時に、
店員さんは、
このデザインカードを使っていた。

申し込む人も、
デザインカードは結構多いとの話しだった。

ポイントの還元率は、
200円で1ポイント。
1ポイント1円なので、
還元率は、0.5%

また、
マルコとマルオの7日間中は、
エポスカード利用の買い物で、
料金が10%引き

カラオケのシダックスによく行かれる方は、
料金が30%引きになり、
ポイント5倍

ロイヤルホストでは、
料金が10%引きになる。

丸井でよく買物をされる方は、
この機会にエポスカードを持ってもいいかもしれない。

※海外旅行損害保険は、自動付帯で、
最大で2000万円まで。

※また、エポスカードが届いたら、
エポスNetに登録するようにしよう。

登録してあるメールアドレスから、
エポスNetに登録を促すメールが来るので、
指示に従い登録すればOKだ。

登録は短い時間で非常に簡単に出来る。

エポスカード


丸井(マルイ)で買い物をする人はお得になるエポスカード。年会費無料なのも高評価。ただ、ポイント還元率が0.5%と低いので、ポイント狙いでの購入は控えた方がよさそうだ。丸井(マルイ)だけでなく、カラオケのシダックスで、カードの提示で、30%オフになったりファミレスのロイヤルホストで、10%オフになったりと、様々な場所で割引がきくので、所有する価値は有りそうだ。
年会費 ポイント還元率 評価
無料 0.5% クレジットカード,楽天カード,三井住友VISAカード


大丸・松坂屋のクレジットカード JFRカード


daimaru

大丸・松坂屋のクレジットカード、JFRカードも、
大丸・松坂屋でよく買い物をされる方にとっては、
は非常にお得なクレジットカードである。

私は買い物の中で、
大丸で買い物をすることが一番多いので、
このカードは非常に重宝している。

また、私が初めて作ったクレジットカードは、
この大丸・松坂屋カードだ。

ポイント還元率は、
一般加盟店では、
0.5%だが、
大丸・松坂屋の買い物では、
普通の買物→5%
特価品、バーゲン品→3%
喫茶店、食品、レストラン→1%となっている。

また、カードで支払わなくても、
カードの提示だけで、
現金払いでも、
ポイントはつく。

また半年間の獲得ポイントに対して、
5000〜10000ポイント未満だと、
20%ボーナスポイントが入り、
(5000ポイントだと、6000ポイントになる。)
10000〜15000未満ポイントだと、
50%ボーナスポイントが入り、
(10000ポイントだと、15000ポイントになる。)
15000ポイント以上だと、
100%のボーナスポイントが入る。
(15000ポイントだと、30000ポイントになる。)

また、ポイントアップセールもやっており、
年に何回か、
買物で7%ポイントが貯まる日がある

※大丸・松坂屋カードの携帯メール会員になれば、
ポイントアップ期間のメールが届くようになる。

メール登録は無料なので、
登録してもいいだろう。

また、来店ポイントも実施しており、
設置されている機会にカードを通せば、
10ポイントつく。

年会費は、
初年度無料で、
次年度以降、
1000円(税別)

ただし、次年度以降は、
マイ・ペイすリボの登録をし、
年一回以上のクレジットカードの支払いで、
年会費は無料になる。

損害保険は、
国内、海外ともに、
最大で2000万円だ。
※私はデザイン性と、 ピンクリボン運動を応援する意味で、
さくらパンダカードにしているが、
普通のデザインの大丸松坂屋カードを選ばれても、
機能面では全く差は無いので、
好みで選べばいいだろう。

大丸・松坂屋のクレジットカード JFRカード
大丸、もしくは松坂屋でよく買い物をされる方は、かなりお得が大きいカード。年会費が1000円かかるのだが、使い方次第では、無料に出来る。基本的な買い物で5%のポイント還元。ポイントアップ期間だと、7%のポイント還元になることも。また、年間のポイントに応じて、サービスポイントがつくのも特徴の内の一つである。
年会費 ポイント還元率 評価
1000円(税別) 0.5% クレジットカード,楽天カード,三井住友VISAカード

 


高島屋カード(TAKASHIMAYA CARDS)


takasimiya

高島屋でよく買い物をされる方は、
高島屋カード(TAKASHIMAYA CARDS)がおすすめである。

高島屋での買い物でポイント還元率はなんと、
8%。
優待期間中であれば、
10%のポイントが貯まる。

※食料品・薬品、食堂・喫茶、
特価品は1%

一般の加盟店では、
0.5%しか貯まらないが、
高島屋でよく買い物をされる方にとってはこれほどお得なカードは無いだろう。

ポイントは、
2000pt以上たまれば、
高島屋のポイント交換機で2000円の
高島屋買い物券と交換出来る。

年会費は初年度無料の、
二年目以上2000円(税抜き)。

付帯保険は、
国内損害保険が最大で1000万円。
海外損害保険が最大で2000万円である。

正直、高島屋であまり買い物をされない方にとっては、
全くメリットの無いカードである。

高島屋でよく買い物をされる方は、
是非検討されたらと思う。

高島屋カード(TAKASHIMAYA CARDS)

高島屋でよく買い物をされる方にとっては、非常にメリットのあるカード。高島屋の買い物で、驚異の還元率の8%。優待期間では10%のポイントが貯まる。
ただ、年会費が2000円(税抜き)かかるので、高島屋であまり買い物等をされない方にとってはメリットの薄いカードになるだろう。
年会費 ポイント還元率 評価
2000円(税抜き) 0.5% クレジットカード,楽天カード,三井住友VISAカード