デビットカードについての簡単な説明



クレジットカードのよく似た仕組みのカードに、
デビットカードというカードが存在する。

デビットカードの名前は、
どこかで聞いたことがある人も多いように思う。

今回の記事では、
デビットカードについて
簡単に説明していこうと思う。

デビットカードとは


デビットカードとは、
簡単に言うと、
銀行に預けてあるお金で利用できる、
カードのことである。

デビットカードを持っていれば、
銀行に預けているお金の中であれば、
デビットカードがあれば自由に買い物をすることが出来る。

クレジットカードとの違い


クレジットカードとの違いは、
クレジットカードは、
引き落としが買い物をした瞬間には行われないが、
(各クレジットカード会社が定めた引き落とし日に引き落とされる。)
デビットカードは買い物をしたその瞬間に、
あなたの銀行口座から引き落としが行われる。

また、
クレジットカードは、
カードの限度額いっぱいまではサービスや商品を購入することが出来るが、
デビットカードは、
あなたにある銀行口座のお金内でしか、
使うことが出来ない。

クレジットカードには、
クレジットカードを作成するための審査があるが、
デビットカードには審査が無いのも特徴である。

どちらがいいのか


私個人的には、
あなたがクレジットカードの審査に通過する可能性が高く、
クレジットカードを持てる可能性が高いのであれば、
デビッドカードよりも、
クレジットカードの方がおすすめである。

その理由として、
デビッドカードは不正利用などに対して、
保証が不安だからである。
(デビットカードは不正利用された場合、
保険はあることはあるが、
デビットカードの性質上、
利用された瞬間に銀行からお金が引き落とされるので、
不正利用にはそこまで強くない。)

また、
デビットカードよりも、
クレジットカードの方がポイント還元率が高いので、
そういう意味でもデビットカードよりもクレジットカードの方が、
おすすめである。

あくまで個人的にだが、
もしあなたがクレジットカードを持つことが出来るのであれば、
あえてデビットカードを作成する意味は無いだろう。
(事実私はデビットカードを持っていない・・・。)