クレジットカードの審査に通過するための6つのコツ

 

私自身、
過去に数十枚のクレジットカードの審査に通過してきたが、
(また当然と言えば当然ではあるが、
クレジットカードの審査に何度か落ちたこともあり、
クレジットカードが作れなかったこともある。)
そんな私なりに思うクレジットカードの審査に通過するためのコツについて、
話をしていこうと思う。

 

審査が甘めのクレジットカードに申し込む

 

まず初めに、
審査が甘めのクレジットカードに申し込むこと

 

クレジットカードには、
審査に通過しやすいカードと審査に通過しにくいカードが存在し、
審査が甘めのカードに申し込むことで、
審査に通過しやすくなる。

 

審査に受かりやすいクレジットカードの6つの特徴

 

勿論、
審査が甘めのクレジットカードだからと言って、
必ず審査に通過するわけでは無いが、
(そもそも例えばクレジットカードヒストリーがよかったり、
クレジットカード各会社が定めるスコアリングがいい人は、
どんなクレジットカードでも審査に通過する可能性は高いが。)
実体験からも審査が厳しいと言われているクレジットカードよりも、
審査が甘めのクレジットカードの方が、
審査に通過する可能性は高くなる。

 

特にクレジットカードの審査に自信が無い人は、
審査が甘めのクレジットカードに申し込むのがいいだろう。

 

クレジットカードを申し込む際のキャッシング枠を0にする

 

次に、
クレジットカードを申し込む際のキャッシング枠を0にすること

 

クレジットカードに付帯している、
キャッシング枠は0にした方が、
審査には通過しやすい。

 

キャッシング枠を付与すれば、
カード会社にお金に困っているという印象を与えるからである。

 

余程の事情が無い限り、
キャッシング枠は0で申し込む方が無難である。

 

クレジットカードの利用可能枠(与信枠)を一番低い金額にする

 

次に、
クレジットカードの利用可能枠(与信枠)を一番低い金額にすること

 

クレジットカードの利用可能枠は、
低ければ低い程審査に通過しやすくなる。

 

特に収入が十分無いような人は、
(アルバイトをしている人や、
パートの人、
専業主婦の人など。)
利用可能枠を各クレジットカード会社が定める最低額にした方がいいだろう。

 

明らかなウソを書かない

 

次に、
明らかなウソを書かないこと

 

明らかなウソを書かないことも重要である。

 

なぜならば、
そもそも明らかなウソはバレる可能性が高いし、
もしウソがバレてしまった場合、
クレジットカードが発行出来ないどころか、
そのクレジットカード会社の社内ブラックになってしまい、
永遠にそのカード会社のクレジットカードを作ることが出来なくなってしまうからだ。

 

ウソ自体は、
クレジットカード会社のあなたに対する心証を悪化させるだけなので、
特にすぐバれるような明らかなウソは絶対に書かないようにしよう。

 

出来るだけ全ての項目を埋める

 

次に、
出来るだけ全ての項目を埋めること

 

クレジットカードを申し込む際に、
全ての項目を正直に埋めることは非常に重要である。

 

なぜならば、
出来るだけ全ての項目を埋めることで、
クレジットカード会社の心証がよくなるからである。

 

電話対応などをキッチリと行う

 

最後に、
電話対応などをキッチリと行うこと

 

例えば、
あなたの登録している電話番号などに、
カード会社から電話がかかってきた場合などは、
(あなたの申し込み内容に不備があった際などの電話。)
出来るだけ早く電話に出るようにし、
またその対応も丁寧に行った方がいいだろう。

 

その方が、
カード会社からの心証がよくなる可能性が高いからである。
(ちなみに私はあるカード会社からの電話を放置していたせいで、
審査に落ちたことがある。(それが原因かはわからないが。)
電話対応はきちんと行った方が絶対にいいだろう。)

 

終わりに

 

以上が、
クレジットカードの審査に通過するためのコツである。

 

特に個人的に重要だと思うのは、
審査が甘めのクレジットカード会社に申し込むことである。

 

私の実体験からも、
どう頑張っても審査に通過しないクレジットカードは存在するので、
そういう審査が厳しめのクレジットカードよりも、
出来るだけ審査が甘めのクレジットカードに申し込む方が、
審査に通過しやすくなる可能性は高くなるだろう。

 

また、
あなたと相性の良いクレジットカードに申し込むのも、
クレジットカードの審査に通過しやすくなるためのコツだろう。